人を知る

Our Employees

営業職

佐々木 惟兵
2019年入社
横浜営業所

主な仕事内容

販売代理店様へ訪問し、コメットカトウ製品の営業、納入する製品の打合せ、アフターフォローなどが主な仕事内容となります。
コメットカトウが取り扱うのは加熱機器だけですが、製品の種類は900を超えます。その中からお客様に合う製品をご提案しています。
時にはお客様のご要望に沿った特注製品を作ることもあります。

1日のスケジュール

スケジュール①
8:15 出社

メールチェック&資料準備

10:30 営業回り

販売店様を1日に4~5件程訪問

12:00 お昼休憩

昼食は外食で

13:00 営業回り

時には設置に立ち会うことも

18:30 事務作業

見積書の作成やスケジュール確認

19:30 退社

スケジュール②
6:30 調理立ち会い(病院)

納入先へ直行
現場オペレーションと機器動作確認

8:30 報告書作成

営業車内で報告書作成

9:30 営業回り

この日は販売店様2件訪問

12:00 お昼休憩

13:30 調理セミナー

特定のユーザー様へ向けたセミナー実施

16:30 販売店商談

17:30 直帰

入社のきっかけ

就職活動中に会社説明会に参加した際、採用担当社員がとても気さくな方で、会社全体もアットホームな雰囲気でした。その後参加した会社見学でも、すれ違う様々な社員から「こんにちは」と声をかけてもらい、会社の雰囲気が自分に合っている、働きやすそうな環境であると思いました。
就活時は、コメットカトウという社名も一度も聞いた事が無く、「加熱機器って何?」といった感じでしたが、自分の良く知っている飲食店やテーマパーク等で使用されているメーカーと知り、「面白い!」と感じました。
業務用加熱機器の専門メーカーとして100年続いているという安心感や、人口減少が進む中、生活になくてはならない食を支えている安定感も、入社の決め手となりました。

仕事のやりがい

自分の提案した製品を使用していただき、関わった人達から「ありがとう」と言われた時に、やりがいを感じます。
販売店様はもちろん、エンドユーザー様が本当に求めていることをできる限り理解し、ご提案することを大切にしています。エンドユーザー様へご訪問した際に、「この製品が無いと仕事にならないよ」という言葉をいただいたときは、加熱機器で食を陰で支えていることを実感し、非常に誇らしい気持ちでした。
また、気持ちのよいあいさつや、メールは素早く返信するなど、ちょっとした心遣いを意識して仕事に取り組むようにしています。現場に行くと、たまに食事をサービスしてもらえたり、お菓子を出していただけることも。食に関わる仕事ならではだと思います。

休日の過ごし方

家でのんびりしたり、ゲームや映画を見て過ごしています。
アクティブな日は、登山したり、ショッピングをしたり、海に行ったりします。
地元から離れて東京に3年、横浜に1年住んでいますが、ぶらぶら歩きながら新しい景色や場所に行くのが好きです。

チャレンジしてみたいこと

チェーン店や有名店へ機器を採用してもらうこと。
また、開発者のような深い知識を持つ「技術系の営業」になり、営業の幅を広げていくこと。

開発職

主な仕事内容

新製品(ゆで麺器、グリドル、フライヤー、炊飯器など)の企画・設計・試験や、特注製品の設計・試験などを行っています。
企画では、どんな製品がお客様から喜ばれるかを考えて、要求仕様を決めていきます。設計では、3DCADのソフトを使用して、製品をイメージから具体的に設計していきます。その後、設計したものを実際に試作し、性能面・機能面・安全性・使用感の試験や、製造方法の確認を行っています。
最近では、新入社員へのCADソフトの教育などにも携わっています。

田中 萌々子
2020年入社
研究開発部 第2チーム

1日のスケジュール

スケジュール①
8:10 朝礼

今日の業務の確認

8:20 新製品の設計・製図

11:30 社内打ち合わせ

情報共有は欠かせません

12:25 お昼休憩

社員食堂を利用

13:05 新製品の試作・データまとめ

16:00 特注製品の設計・製図

特注内容はお客様によって様々

19:15 退社

スケジュール②
8:10 朝礼

今日の業務の確認

8:20 実験室の整理整頓

常に整理整頓を心掛けます

8:45 新製品の設計・製図

11:30 新製品の部品打ち合わせ

大切な意見交換の場です

12:25 お昼休憩

社員食堂を利用

13:05 新製品の設計・製図

16:00 社内資料作成

打ち合わせ資料などの作成

17:10 退社

入社のきっかけ

大学・大学院で調理学研究室に所属し、大量調理の研究を行う環境が身近にありました。加えて飲食店の厨房でアルバイトをしていたため、様々な種類の調理機器を実際に業務で使用していました。
その時に使われていた厨房機器に興味を持ち、「この機器はどうやって開発されているんだろう」と気になったのが、この業界へ興味を持った最初のきっかけです。
コメットカトウにはインターンシップで初めて来て、会社の雰囲気が良いなと感じたため入社したいと思いました。

仕事のやりがい

自分が設計した機器が実際に工場で製造・出荷されて、その後お客様の元で使っていただいていることを想像したときに、とてもやりがいを感じます。
特に特注の製品は、有名ホテルや身近な飲食店からの個別の依頼に対応しており、高い技術力と知識が必要になります。自分が携わった機器がそのような場所で使われていると思うと、一段と嬉しさを感じます。先輩方が設計した製品を街中の飲食店で見かけた時も、もちろん嬉しいです。それらのお店に料理を食べに行きたいというモチベーションにもなっています。

休日の過ごし方

登山やドライブをしたり、おいしいものを食べに出かけたり、楽器の練習をしたり、時間のかかる料理を作ったりしています。社会人になってから新しい土地で一人暮らしを始めましたが、休日も充実した楽しい時間を過ごせています。

チャレンジしてみたいこと

今後は、まだ他社にもない機能や性能を持った「オンリーワンの機器」を開発してみたいです。
柔軟な発想ができるように様々な情報を集め、日々努力していきたいと思っています。

サービスエンジニア職

松田 悠平
2011年入社
仙台営業所

主な仕事内容

修理の受付、見積り作成から実際の訪問修理業務、問い合わせ対応まで、サービスメンテナンスに関する一連の業務を行っています。
2021年からサービスによるサービスの為のサービス向上プロジェクトも発足し、プロジェクトメンバーとして日々サービスの環境向上に努めています。

1日のスケジュール

スケジュール①
8:30 出社 修理受付・事務作業

修理の受付、お客様へ訪問日時連絡
見積書作成や部品手配などを行います

12:00 お昼休憩 

13:30 訪問修理業務

移動が長時間になることも

19:00 事務作業

事務作業と部品の片付け、
明日修理で使用する部品の確認

20:30 退社

スケジュール②
7:00 訪問修理業務

現場へ直行
合間に事務作業を行います

11:00 お昼休憩

早めのランチ

12:00 訪問修理業務

2件の現場で修理業務

17:00 事務作業

修理後の事務作業を行います

17:30 直帰

この日は営業所には戻らず、直帰

入社のきっかけ

東日本大震災の起きた2011年、中途社員としてコメットカトウに入社しました。
専門学校卒業後は修理業務をしていましたが、その後転職。震災当時は修理とは全く関係のない仕事をしていました。
未曾有の災害を経験し、「人生は一度きりだからやりたいことを仕事に」と思い、好きでもあった修理の仕事にもう一度戻ろうと思った矢先、コメットカトウの求人を発見しました。
何気なく利用している飲食店が料理を提供するにあたり、その支えになれたらと思い、入社を希望しました。

仕事のやりがい

故障している機器を修理し、お客様に喜んでもらえた時は「やってよかった」と思います。
サービスエンジニアはお客様と直接関わる機会が多く、感謝の言葉をかけていただける機会の多い仕事です。訪問時には製品の不具合で困っていたお客様が、修理が終わりお店を後にするときには満面の笑みで「ありがとう」と声をかけていただけます。大変なことも数多くありますが、自分が食の支えとなれていることを実感する瞬間も沢山あり、この仕事に対するやりがいを感じます。

休日の過ごし方

基本的に主夫になり、家事に勤しみます。合間に子どもの部活の応援や、ゲームをして気分転換しています。
連休が取れた時はキャンプや温泉にも行きます。趣味のバイクはご無沙汰状態です。

チャレンジしてみたいこと

機器を安心・安全に使用いただくには定期点検が重要と考えますが、まだまだ認知度は低いです。
幅広いお客様に定期点検の重要性を知ってもらい、安心して長く機器を使用できるようサポートしていきたいです。

クッキングアドバイザー職

主な仕事内容

全国各地で毎月開催しているスチコンセミナーや個別セミナーの講師・助手、スチコンレシピの開発、コメットカトウ東京支店のショールームにて調理テストの実施、YouTubeチャンネル等SNSの運用を主に行っております。
また、営業社員が製品PRに使用する提案資料やチラシの作成、展示会の運営、さらには実際にお客様のところに訪問し取説や調理立会いも行います。
お客様だけでなく、社員の調理に関するサポートも行っています。

小山 七生
2020年入社
東京支店 ソリューション営業課

1日のスケジュール

スケジュール①
8:30 朝礼・メールチェック

今日の業務の確認

9:00 資料作成

セミナーで使用する資料の作成

10:00 セミナー仕込み

12:00 お昼休憩

13:00 セミナー準備

社内で行うセミナーの準備をします

13:30 スチコンセミナー講師

東京支店で開催のセミナー講師

16:30 セミナー片付け

17:30 退社

スケジュール②
8:30 朝礼・メールチェック

今日の業務の確認

9:00 社内打ち合わせ

10:00 レシピ作成

12:00 お昼休憩

13:00 移動

取扱説明・調理指導の為移動

14:00 お客様へ取扱説明・調理指導

直接取り扱いの説明や、調理指導を行います

17:30 退社

この日は事務所に戻らず直帰

入社のきっかけ

「栄養士免許を取得したら、食育を通して食の楽しさを伝える仕事がしたい!」と思い、就職活動では保育園の求人ばかり見ておりました。
たまたま短大の就職課で勧められたコメットカトウの求人に興味を持ち、説明会に参加したところ、クッキングアドバイザーという珍しい仕事内容に惹かれました。何よりも説明会でお話した調理スタッフの方が「仕事が楽しい!」と笑顔でお話してくださった姿に「私もここで働きたい!」と心を動かされ、急遽路線変更をしてコメットカトウに応募しました。

仕事のやりがい

クッキングアドバイザーは、お客様や社員から直接感謝される機会が多い部署だと思います。
調理アドバイス後に「教えてもらった方法で作ったら、上手くできました!」とご報告をいただけると、安心と同時にやりがいを感じます。
また、学生時代にやりたかった食育も、レシピ開発を通して関わることができています。
実際に食育活動を行っている栄養士さんや調理士さんにセミナーで食育レシピを紹介し、実際に作った時のエピソードを教えていただいたときには、幅広く食のサポートが行えている!と達成感を得ています。

休日の過ごし方

家族や友人とドライブすることが多いです。また、ダンスを観ること(時には踊ること)が大好きなので、ショーやパレード目的で某テーマパークに遊びに行ったり、ミュージカル鑑賞をしたりして過ごしています。休日に趣味を楽しむことが大事な息抜き時間となっています。

チャレンジしてみたいこと

調理知識はもちろん、製品知識をより多く身につけ、幅広く提案・問題解決が出来るようになりたいです。
尊敬する先輩社員のように、初めてのことでも自分で考えて行動できる、またどのような質問にもスムーズにお答えできる、そんなクッキングアドバイザーになりたいです。お客様・社員から信頼していただけるよう、前向きに取り組んでいきたいと思います。